歯科の定期健診について

歯科健診では、一般的に虫歯や歯茎の状態、歯周病の有無の状態を確認します。虫歯が進行してからでは歯の状態が一気に悪くなってしまうので、未然に虫歯にならないようにしなければいけません。定期健診に行くことによって、自分の歯の状態を把握することができて、自宅での正しいメンテナンスを行うことが可能です。歯科の定期健診の頻度は、虫歯がない方は半年~1年に1回程度、口腔内状態が心配な方は1~3か月に1回程度に受診するのが良いでしょう。また、歯の状態はもちろんのこと、唾液の分泌液が減少していたり、本人が気づかない間に症状が出ている場合の発見も早いので、健診は必ず定期的に受けることが大切です。

歯の状態に応じて異なる健診頻度

歯の定期健診は歯の状態によって、頻度は決まります。虫歯も少なく、自分で歯のケアができるなら1年に1度の定期健診でよい場合もありますし、歯周病のリスクが高い人ならばもっと頻繁に通院する必要があります。口の中にはかなりの細菌がおり、歯周病の人は細菌の数を歯科へ行って減らしておかないと危険な状態になります。数本連続で抜歯になることもあるし、高齢者なら口腔内の細菌が誤嚥性肺炎を起こしたときに命取りとなる恐れもあります。日ごろの手入れはもちろん、予防歯科でないと歯石などは取ることができないので、歯医者さんに相談して健診を受けておくメリットは大きいです。

↑PAGE TOP