歯周病になりにくい歯を作るには

歯周病になる原因として最も多いのが、歯垢によるものです。歯垢はブラッシングが十分でない場合や、糖分が多く含まれる食べ物を摂取し過ぎることで発生します。これらをなるべく予防するためには、日頃からの丁寧な歯磨きが大切です。そうすることによって口の中を清潔に保つだけでなく、歯周病の予防にも繋がるのです。また、歯磨きだけでは落ちない汚れも存在します。そういった場合には、ブラッシングの他にデンタルフロスなども取り入れるとより効果的に予防できるでしょう。

↑PAGE TOP